コラムColumn

不動産登記の記事一覧

その権利証、処分して大丈夫ですか?

2022.04.29

不動産を取得すると、 権利証(登記識別情報通知)が発行されます。 昔の権利証は、 和紙に仰々しいほどの達筆で不動産の記載等があり 「登記済」と朱印されていて それ自体が権利証として大切に保管されていました。 現在は「登記識別情報通知」というものにかわり、 それ自体というよりも ...(続きを読む)

詳細を見る

所有権登記名義人の住所変更登記の義務化について

2022.04.18

所有権登記名義人の住所変更登記 不動産を取得すると、 所有権登記名義人として住所と名前が登記されます。 その後、引っ越しなどをして住所が変わることがありますが、 これまでは住所が変わった場合でも変更登記は義務ではありませんでした。 しかし令和3年の不動産登記法改正により、 この住...(続きを読む)

詳細を見る

元本確定前の抵当権の共有者が共有関係から外れたいとき

2022.04.15

野球を見るようになって、 推しの選手ができて盛り上がったとたんに 推しが全員故障で離脱しました。 もれなく全員です。 週末はお祓いに行ってきたいと思います。 さて、今日は根抵当権についてです。 根抵当権とは、ざっくり説明すると お金を貸す人と借りる人の間で 限度額等の大枠を決めた...(続きを読む)

詳細を見る

寄附契約による所有権移転登記と利益相反取引

2022.03.28

先日、合同会社⇒一般社団法人への寄附による所有権移転登記のご依頼をいただきました。 そもそも「寄附」という登記原因自体、あまり取り扱いのない珍しい登記ですが、 その上、代表者が同一自分物の法人同士の寄附契約でした。 寄附契約とは 私が「寄付」と聞いてまず想像するのは、ふるさと納税です。 ふ...(続きを読む)

詳細を見る

土地の共有関係を解消する手続き。共有物分割登記とは?

2022.03.07

相続などで不動産を取得すると、 1つの不動産を複数人で所有していることがあります。 この複数人で1つの不動産を所有していることを「共有関係」と言ったりします。 たとえば、ふくおか太郎とみやざき次郎が甲土地を 持分2分の1で共有している場合です。 この共有関係は民法改正により 緩和...(続きを読む)

詳細を見る

交換による所有権移転登記について

2022.02.28

ある人からある人に不動産の所有権を移転した場合、 所有権移転登記の申請をします。 そしてその所有権移転登記をするときに必ず「原因」を記載します。 何で所有権を移転したの?という理由です。 売買だったり、相続だったり沢山の原因がありますが、 その中の1つに「交換」という原因があります。 ...(続きを読む)

詳細を見る

外国会社の登記と、外国会社が不動産売買をしたときの登記について

久しぶりのお花シリーズです。   私は事務所のきれいに飾られたお花に感化されて 自宅にお花を飾るようになりました。 こんなに美しく飾ることはできませが、 部屋の中にお花がある生活ってすごくいいものだなーとしみじみと感じています。 さて、先日、外国会社が所...(続きを読む)

詳細を見る

夫婦で不動産を購入したときの登記について②

2022.02.09

先日「夫婦で不動産を購入したときの登記について」のコラムで 所有権更正登記についてご紹介しました。 今回は、「どうやら所有権更正登記が難しそうだな」 という場合にはどうしたらいいの? という内容です。 「所有権更正登記が難しそうだな」とは? なぜ真実の権利関係に直すだけなのに、「難し...(続きを読む)

詳細を見る

夫婦で不動産を購入したときの登記について

2022.01.27

家を買うときに決めること。 それは、 ・誰がお金をだして ・誰がお金を借りて ・誰の名義で登記するのか ということです。 私もそうだったのですが、 夫婦共働き世帯の増加に伴い、 夫婦でお金を出し合って家を購入するというケースが増えています。 この「夫婦がお金を出し合って家を...(続きを読む)

詳細を見る

こんなときは「及ぼさない変更登記」をします

2022.01.25

あまり聞きなれない言葉ですが、 抵当権や根抵当権には「及ぼさない変更登記(縮減変更)」 とう変更登記があります。 最近、金融機関さんから「どんな登記をしたらいいですか?」 というお問合せをいただき、その答えがまさにこの 「及ぼさない変更(縮減変更)」だったのです。 どんな時にどん...(続きを読む)

詳細を見る

住宅ローン完済後の抵当権抹消はお早めに

2022.01.08

先日こんなお問合せがありました。 「自宅を売却しようと思ったらSFCGの抵当権がついていました。他の事務所で断られてしまって。そちらで対応していただけますか?」と。 解決事例の「株式会社SFCG(旧商工ファンド)を債権者とする根抵当権を判決を取得して抹消しました!」 をみてご連絡いただいた...(続きを読む)

詳細を見る

抵当権を抹消しようと思ったら抵当権者が清算結了していた

2021.10.13

最近立て続けに抵当権抹消登記に関する記事をアップしています。 それくらい、抵当権抹消って実は厄介なんです。 今回の問題点 まずは、すごく基本的なことですが、 抵当権者が清算結了していたら、何が問題か?というところから。 不動産登記は原則、共同申請 ほかのコラムとかでも書いているのですが、...(続きを読む)

詳細を見る

ピックアップコンテンツPickup contents

当事務所が運営している専門サイトや
おすすめコンテンツをご紹介

相続・遺言
《無料相談》実施中!

https://www.fukuoka-shihousyoshi.jp/souzoku

暮らしに役立つ
法律メルマガ

https://mi-g.jp/mig/registration

福岡で不動産事業を
始めたい方へ

https://www.fukuoka-shihousyoshi.jp/estate

福岡自己破産
無料相談室

http://fukuoka-jikohasan.net/

福岡債務整理
無料相談室

http://fukuoka-saimuseiri.net/

福岡個人再生
無料相談室

http://fukuoka-kojinsaisei.net/

出版物紹介

https://www.amazon.co.jp

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、過払い請求・個人再生・自己破産・任意整理・時効援用などの債務整理、相続・遺言、成年後見、債権回収 交通事故などについての手続き全般を行っております。それぞれの業務に専門スタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とのネットワークを駆使し、ワンストップで対応。ふくおか司法書士法人を選んでご来所いただいたお客様に、満足して、笑顔で帰っていただくために、私たちはどんな苦労も惜しみません。

初回相談費用無料

LINEでのご相談はこちら