業務案内Service

交通事故

~体験記~

激しい動悸。震える手。ある日突然私が交通事故の当事者となった時、想像以上に冷静ではいられない自分がいました。何とか安全な場所に移動し、警察に現場検証をお願いしてその場は収まりました。

しかし、その後の保険会社との示談交渉は非常にストレスのかかる作業でした。

赤信号で停車中の追突。私は被害者という立場であったのに、保険会社の方からの言葉は心を突き刺すような冷たい言葉だらけでした。そして、その後の慰謝料に関する交渉では「この金額で皆さん納得されています」「規定に基づいた金額です」と一方的な金額を提示されました。

そこから交通事故の損害賠償請求の仕組みや保険会社への対応について学び、その結果、当初の保険会社の提示額を大幅に上回る金額で示談をいたしました。やはり保険会社の言葉を鵜呑みにして泣き寝入りしてはならない、と思い知らされました。

この経験から、私と同じように突然の事故に不安な思いをされている方のお力になりたいと考え交通事故に専門的に取り組むようになりました。交通事故に遭われ悩んでいる方はお気軽にご相談ください。

ご利用シーン

  • 保険会社から提示された保険金額の相場が分からず示談できない
  • 保険会社から提示された示談額に納得していない
  • 物損やむちうち程度の軽症なので、保険が少なくても仕方ないと諦めている
  • 保険会社の担当者とは直接交渉したくない

当事務所に依頼するメリット

初回相談料無料!

被害者に負担の少ない料金体系

事故発生直後からご相談可能

セカンドオピニオンとしても利用可

事故後の生活についてもアドバイス

交通事故の保険会社からの示談金提示に泣き寝入りしないでください

交通事故の被害に遭ってしまったら、その先はどうすればよいのか、多くの人が迷い、不安な気持ちになってしまうと思います。

もちろん、怪我の治療が第一優先ですが、怪我の治療が終われば、加害者が加入をしていた保険会社から示談金の提示があります。

ここで、保険会社が提示する賠償金額が、裁判で認められる賠償金額や弁護士が代理人として交渉する場合に比べてかなり低額であることはあまり知られていません。

多くの方が、保険会社が提示した保険金額を当たり前に受け取っていますが、実は、司法書士などの法律家が介在し、保険会社が提示する示談金が適正かどうかを判断し、納得できない場合には不服を申し立てて、もっと多くの示談金を得ることができるのです。

その上、弁護士特約に入っていれば司法書士等への報酬は保険会社から支払われるので報酬の心配も有りません。
弁護士特約は名前の通り弁護士への報酬を保険会社に請求できるものですが、司法書士も使うことができます。なので、ほとんどの保険会社は弁護士等特約、といいます。

私たち司法書士が介入すると保険会社が提示した賠償金額から最終的な示談金額に大幅な差が出てしまうことも少なくありません。

当事務所では、むちうちなどの軽症でもお一人お一人誠実に確実に対応しております。お気軽に当事務所にご相談下さい。

交通事故に遭った場合には、相談経験豊富な司法書士に相談

交通事故は、被害にあったときはもちろん、それからも大変です。ストレスのかかる保険会社との交渉を直接ご本人様がしなければならないからです。
まず、被害者・加害者ともに連絡を取り合うのは、想像を絶するほどストレスがかかります。
さらに損害保険会社などからの圧力は精神的に持ちこたえられないほどの追い込みです。
そういったときは是非、当事務所にご相談下さい。

認定司法書士は、「140万円以下(簡易裁判所管轄)の額面の法律事案に関して、弁護士と同様に相手方との示談交渉、調停、訴訟手続き」をする事ができます。

※行政書士は司法書士や弁護士と異なり、ご本人様に代わって示談交渉をすることは出来ません。

※当社は、示談金が140万円を超える場合でも、提携の弁護士にスムーズに引き継ぐことができます。

こんな場合には、弁護士よりも司法書士に相談すべき!

「物損事故やむちうち程度なので、弁護士に相談するほどでもない」「こんな少額なのに、相談して大丈夫なのか・・・」

交通事故の報酬は、示談金額を元に計算されます。示談交渉する、という業務は同じでも症状が軽く示談金額が少ないと報酬は低くなります。

よって、多くの弁護士はむち打ちなどの軽症で示談金額が少ない場合には相手せず、電話相談の時点でお断りをしていることが多いようです。

しかし、それはある意味仕方のないでしょう。140万円を超える高額な示談を代理できるのは弁護士しかいません。
当事務所も、とても高度で難解な案件については、信頼できる弁護士さんをご紹介させて頂いております。
その分、司法書士は140万円以下の少額な案件に特化しておりその点では弁護士以上に専門的知識を持ち多数の解決事例があります。

また、弁護士特約に加入していなかった場合には、一般的に司法書士より弁護士のほうが報酬が高いので、経済的負担も負うことになります。

事故の規模や依頼料金の負担から考えて弁護士に依頼しずらい場合や、交通事故に対して専門的な知識を持っていない弁護士に依頼するよりも、交通事故に詳しい司法書士に依頼することをおすすめします。

交通事故発生から解決までの一般的な流れ

1.事故発生

2.怪我の治療

3.治療の打ち切り→症状固定

4.示談提示の対応

5.損害賠償の支払い

事故に遭われたらできるだけ早い段階でご相談ください

交通事故に関する報酬・費用について

当社の報酬はLAC基準に基づいています

(※LAC基準・・・弁護士保険における弁護士費用の保険金支払基準)

  • 相談料:初回無料
  • 着手金:10万円
  • 報酬:経済的利益の16%

弁護士等特約をご利用ください

お客様が加入されている保険に弁護士等特約がついていれば、保険会社がお客様に代わって弁護士・司法書士費用を負担してくれます。
・司法書士の相談費用10万円まで
・着手金や報酬など300万円まで

費用・報酬一覧はこちら

業務一覧

債務整理

当事務所の強みの一つでもある債務整理。相談者に最適な解決方法をご提案し、問題解決までお手伝いします。これからの夢を実現しましょう。

債務整理

不動産登記

  • 不動産の贈与
  • 不動産の売買
  • 住宅ローンの借換・完済
  • 抵当権抹消

不動産の贈与、不動産の売買、住宅ローンの借り換え相談、抵当権抹消など、不動産登記の権利関係のお手続きはお任せください。

不動産登記

商業登記

  • 会社設立
  • 役員変更
  • 増資/減資
  • 本店移転
  • 商号変更
  • 目的変更
  • 解散・清算

会社設立時や役員、資本金の変更などの商業登記の申請手続き全般を行っています。スムーズな事業運営と成功を事務所を挙げてバックアップします。

商業登記

相続・遺言

  • 生前対策(遺言書作成/生前贈与)
  • 遺産分割
  • 相続人調査
  • 相続登記
  • 相続放棄
  • 相続手続一括サポート

相続や遺言のお手続きは非常に大変な作業で専門知識も必要です。当事務所では丁寧なご説明を心掛け、スムーズな手続きを行います。

相続・遺言

成年後見

認知症や知的障害などの理由で判断能力が不十分な方が安心して人生を送られるよう、成年後見制度のお手続きをお受けしています。

成年後見

債権回収

取引先からの売掛金回収は今後のお付き合いなどを考えると、どうしても強く取り立てられなかったり、弁護士に依頼しても費用が高くつき結局泣き寝入りというケースも多くあります。当事務所では安心してご依頼いただけるよう成功報酬制です。

債権にも時効があります。手遅れになる前に私たち司法書士にお気軽にご相談ください。

債権回収

交通事故

交通事故の示談対応はとてもストレスのかかる作業です。交通事故で適正な賠償をうけるためにも専門家にご相談ください。

交通事故

ピックアップコンテンツPickup contents

当事務所が運営している専門サイトや
おすすめコンテンツをご紹介

暮らしに役立つ
法律メルマガ

https://mi-g.jp/mig/registration

福岡で不動産事業を
始めたい方へ

https://www.fukuoka-shihousyoshi.jp/estate

福岡
債務整理センター

http://www.福岡債務整理.net/

福岡自己破産
無料相談室

http://fukuoka-jikohasan.net/

福岡債務整理
無料相談室

http://fukuoka-saimuseiri.net/

福岡個人再生
無料相談室

http://fukuoka-kojinsaisei.net/

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、過払い請求・個人再生・自己破産・任意整理・時効援用などの債務整理、相続・遺言、成年後見、債権回収 交通事故などについての手続き全般を行っております。それぞれの業務に専門スタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とのネットワークを駆使し、ワンストップで対応。ふくおか司法書士法人を選んでご来所いただいたお客様に、満足して、笑顔で帰っていただくために、私たちはどんな苦労も惜しみません。

初回相談費用無料

債務整理の問合せ

全ての業務の問合せ