コラムColumn

忘れていた変更登記を遡ってすることはできる?

2022.06.30

もう梅雨終わったけど、大丈夫なん? って心底不安になります。 節水節電の夏になりそうですね。。 さて、会社の登記を担当していると、たまにご相談いただくのが、 「○○の登記をするのを忘れていました。。どうしたらいいですか?」 です。 ○○でよく該当するのが ・役員重任⇒メンバ...(続きを読む)

詳細を見る

設立予定の法人は、どのタイミングで不動産の登記名義人になれる?

2022.06.28

法人を設立して、個人で所有している不動産をいくつか法人名義にしておきたい。 いつくらいにできますか? というご相談をいただくことがあります。 この「いつくらいにできますか?」とは、 ①登記原因日付をいつにでいるのか? ②登記申請はいつできるのか? ③登記完了日はいつになるのか? ...(続きを読む)

詳細を見る

会社の登記をする場合の印鑑証明書の提出について

2022.06.22

どんな手続きをする場合でも気になることは ①いくらかかるの? ②何を準備したらいいの? だと思います。 ②の必要書類で特に気になることは 印鑑証明書の提出が必要なの?不要なの? ということだと思います。 印鑑証明書が必要なら役所に行って取得が必要なので、 事前に知っておきたい...(続きを読む)

詳細を見る

借金がなくなる!?消滅時効について

皆さん「時効」ときいて何を思い浮かべますか? 私は司法書士事務所に勤めるまでは、時効と聞いて思い浮かべていたのは 「悪いことしても長いこと逃げ切ったら無罪になるやつでしょ」 でした。 今ではこの「長いこと逃げ切ったら無罪になる」というのも、 殺人罪などで死刑に当たる場合の公訴時効は廃止...(続きを読む)

詳細を見る

株式の種類を変更したいときの手続きについて

2022.06.11

もうすぐ司法書士試験ですね。 私もつい数年前まで受験生で、 この時期は不安に駆られて胃がきりきりして 眠れない日々を送っていました。 あと少し、全国の受験生の皆さん、 がんばれ~ ということで、今回は株式の種類のみ変更したい場合の手続きです。 株式会社の設立時、資本金を出資して...(続きを読む)

詳細を見る

会社の「公告をする方法」とは

2022.05.28

最近、シマリスの動画にはまってて寝る前に見るのが日課になってます。 何がいいって、欲張りすぎて餌をほっぺに詰め込みすぎた結果、 顔が3倍くらいになってるのに まだ詰め込もうとする貪欲な姿勢がたまらなく愛おしいです。 その貪欲な姿勢、ぜひ見習いたいですね。 さて、会社を設立したときに...(続きを読む)

詳細を見る

資本金を増やしたいときの手続きやスケジュール~募集株式の発行~

2022.05.24

※このコラムは非公開会社の取締役会非設置を想定して書いています。 よく「増資したいんだけど~」とご依頼をいただきます。 増資とは、会社の資本金を増やすことです。 株式会社が資本金を増やしたいときの手段はいくつかあります。 その中でも今日は募集株式の発行による増資の手続きのスケジュール...(続きを読む)

詳細を見る

未成年者は株式会社の発起人や取締役になれる?

2022.05.20

民法改正により成人年齢が引き下げられました。 民法第4条ですね。       この改正は多くの方が身近に感じたということもあり、 「お酒やたばこはいいの?」など話題になり 多くのメディアで取り上げられました。 今日はそんな未成...(続きを読む)

詳細を見る

外国人が会社を設立する場合の必要書類や手続きについて

2022.05.19

まず、よくお問合せいただくのが 「日本に住所がない外国人の方でも会社設立できるんですか?」 という質問です。 答えは「必要な書類が揃えばできます」です。 以前は、代表取締役のうち最低1人は日本に住所を有していないと会社設立ができなかったので、 できない、と思われている方もいらっしゃ...(続きを読む)

詳細を見る

履歴事項証明書と現在事項証明書って何が違うの?

2022.05.12

会社を設立して登記手続きをすると いわゆる「謄本」というものが取得できるようになります。 この謄本には ・履歴事項証明書 ・現在事項証明書 ・閉鎖事項証明書 の3種類があります。 会社の謄本取得したいけど、どれをとったらいいんだろう? とたまにお問合せをいただくので、違いなど...(続きを読む)

詳細を見る

医療法人設立後にしなければならないこと

2022.05.02

医療法人について 株式会社や合同会社と比較すると、 医療法人はあまり馴染みがないかもしれません。 そんな医療法人ですが、設立後も毎年変更登記が必要だったりと、 株式会社とは取り扱いが異なる点があります。 これを知らずにずっと変更登記をしていなかった、という法人様もいます。  ...(続きを読む)

詳細を見る

その権利証、処分して大丈夫ですか?

2022.04.29

不動産を取得すると、 権利証(登記識別情報通知)が発行されます。 昔の権利証は、 和紙に仰々しいほどの達筆で不動産の記載等があり 「登記済」と朱印されていて それ自体が権利証として大切に保管されていました。 現在は「登記識別情報通知」というものにかわり、 それ自体というよりも ...(続きを読む)

詳細を見る

1 2 3 4 5 14

ピックアップコンテンツPickup contents

当事務所が運営している専門サイトや
おすすめコンテンツをご紹介

相続・遺言
《無料相談》実施中!

https://www.fukuoka-shihousyoshi.jp/souzoku

暮らしに役立つ
法律メルマガ

https://mi-g.jp/mig/registration

福岡で不動産事業を
始めたい方へ

https://www.fukuoka-shihousyoshi.jp/estate

福岡自己破産
無料相談室

http://fukuoka-jikohasan.net/

福岡債務整理
無料相談室

http://fukuoka-saimuseiri.net/

福岡個人再生
無料相談室

http://fukuoka-kojinsaisei.net/

出版物紹介

https://www.amazon.co.jp

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、過払い請求・個人再生・自己破産・任意整理・時効援用などの債務整理、相続・遺言、成年後見、債権回収 交通事故などについての手続き全般を行っております。それぞれの業務に専門スタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とのネットワークを駆使し、ワンストップで対応。ふくおか司法書士法人を選んでご来所いただいたお客様に、満足して、笑顔で帰っていただくために、私たちはどんな苦労も惜しみません。

初回相談費用無料

LINEでのご相談はこちら