コラムColumn

不動産に関する登記ができる権利

2017.02.01

こんにちは、今日から2月が始まります。寒さもこれから本番になります。

インフルエンザの患者が今年は多いみたいなので、人ごみの中に出かけるときは、

マスクを着用したり、帰宅後の手洗いやうがいなど、予防に努めてくださいね(^_-)

 

今日は、不動産に関する登記ができる権利についてお話します。

 

不動産登記は何のために行うのでしょうか???

 

一般的に、権利保全のためだと言われています。つまり、第三者に対して、権利を対抗するために不動産登記を行うのです。

 

上の説明だとわかりずらいので、もっと簡単に言うと、

例えば、

「この土地は私のものだ!!!」とみんなに主張する

ために登記します。

 

「権利」といっても、様々なものがあります。

代表的なものが、「所有権」、「抵当権」・・・などなどです。

 

どんな権利でも登記することができるのでしょうか?

 

何でもかんでも登記することはできません。

 

不動産に関する権利の登記は、不動産登記法第3条に規定されています。

主に、次の9つの権利です

 

  所有権、地上権、永小作権、地役権、先取特権、質権、抵当権、賃借権、採石権

 

不動産に関する権利に、様々なものがあるみたいです。

 

権利に関しては、民法などに様々な規定がされています。その違いを法律を読んで理解しようとするのは、とても難しいと思います。

 

そこで、不動産の権利関係に関して、わからないことがあれば、是非、ふくおか司法書士法人にご相談下さい。

 

どんな権利なのか?、どんなことが主張できるのか?、どうすればよいか?・・・などなど、どんなことにも即座にお答えします。

 

権利関係のご相談も、是非、ふくおか司法書士法人にご相談下さい。

 

 

福岡市の司法書士 ふくおか司法書士法人

相続、遺言、会社設立、債務整理、自己破産、個人再生、過払金請求、交通事故、成年後見のご相談はコチラ
〒810-0041
福岡市中央区大名二丁目1番35号トライエント山崎ビル4F(地下鉄赤坂駅5番出口徒歩2分)
Tel 092-753-6347 Fax 092-753-6348

 

わたしたちは皆様のお困りごとを解決する
福岡の司法書士事務所です。

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、債務整理、後見業務などに専門のスタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。
また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とも協力し合いながらワンストップで業務にあたっています。
事務所設立時の「誰かの支えになりたい」「目に映る困っている人の力になりたい」という想いは、今も変わらずわたしたちの強い原動力となっています。

一覧に戻る

ピックアップコンテンツPickup contents

当事務所が運営している専門サイトや
おすすめコンテンツをご紹介

暮らしに役立つ
法律メルマガ

https://mi-g.jp/mig/registration

福岡で不動産事業を
始めたい方へ

https://www.fukuoka-shihousyoshi.jp/estate

福岡
債務整理センター

http://www.福岡債務整理.net/

福岡自己破産
無料相談室

http://fukuoka-jikohasan.net/

福岡債務整理
無料相談室

http://fukuoka-saimuseiri.net/

福岡個人再生
無料相談室

http://fukuoka-kojinsaisei.net/

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、過払い請求・個人再生・自己破産・任意整理・時効援用などの債務整理、相続・遺言、成年後見、債権回収 交通事故などについての手続き全般を行っております。それぞれの業務に専門スタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とのネットワークを駆使し、ワンストップで対応。ふくおか司法書士法人を選んでご来所いただいたお客様に、満足して、笑顔で帰っていただくために、私たちはどんな苦労も惜しみません。

初回相談費用無料

債務整理の問合せ

全ての業務の問合せ