コラムColumn

不動産登記の必要書類

2016.08.23

先日、登記に必要な書類を銀行へお預かりに行ったとき、

(おそらく新入社員の?)行員の方に聞かれました。

 

「同じ登記なのに、なぜお客様から住民票をお預かりするときと

しないときがあるのですか???」

 

 

————————————————————————————————————–

登記と一言で言っても、その手続きは本当に多種多様です。

例えば新築戸建てを購入する場合でも、

・土地の購入     → 土地の所有権移転登記

・建物を新築     → 建物の表題登記

→ 建物の保存登記

・住宅ローンを借りる → 抵当権設定登記

・住宅ローンを借換え → 抵当権設定・抹消登記

といった手続きが考えられます。

もちろん手続きに必要な書類も少しずつ異なります。

 

ここで冒頭の行員さんの疑問に戻りますが、

ざっくり言うと

「新しく不動産を取得するとき」

に登記名義人となる方の住民票が必要になります。

土地を購入する、建物を新築する、中古マンションを購入する、

といったときです。

 

逆に、新しく不動産を取得しないのであれば、住民票は必要ありません。

住宅ローンの借換えが最たる例です。

 

・・というような話をして、行員さんには納得いただきました。

 

住宅購入時の必要書類は比較的パターン化されていますが、

相続の場合は、関係者の戸籍や登記簿の状態を見て個別に判断が必要になります。

法務局に提出する書類が数センチに及ぶことも珍しくありません。

 

登記はご自身で申請することもできますが、

我々専門家にご相談いただくことで、

スムーズかつ迅速なお手続きが可能になります。

 

少しでも気になることがありましたら、

ご来店・お電話・メールにてお気軽にお問合せください。

 

 

福岡市の司法書士 ふくおか司法書士法人
相続、遺言、会社設立、債務整理、自己破産、個人再生、過払金請求、交通事故、成年後見のご相談はコチラ
〒819-0041
福岡市中央区大名二丁目1番35号トライエント山崎ビル4F(地下鉄赤坂駅5番出口徒歩2分)
Tel 092-753-6303  Fax 092-753-6304

わたしたちは皆様のお困りごとを解決する
福岡の司法書士事務所です。

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、債務整理、後見業務などに専門のスタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。
また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とも協力し合いながらワンストップで業務にあたっています。
事務所設立時の「誰かの支えになりたい」「目に映る困っている人の力になりたい」という想いは、今も変わらずわたしたちの強い原動力となっています。

一覧に戻る

ピックアップコンテンツPickup contents

当事務所が運営している専門サイトや
おすすめコンテンツをご紹介

暮らしに役立つ
法律メルマガ

https://mi-g.jp/mig/registration

福岡で不動産事業を
始めたい方へ

https://www.fukuoka-shihousyoshi.jp/estate

福岡
債務整理センター

http://www.福岡債務整理.net/

福岡自己破産
無料相談室

http://fukuoka-jikohasan.net/

福岡債務整理
無料相談室

http://fukuoka-saimuseiri.net/

福岡個人再生
無料相談室

http://fukuoka-kojinsaisei.net/

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、過払い請求・個人再生・自己破産・任意整理・時効援用などの債務整理、相続・遺言、成年後見、債権回収 交通事故などについての手続き全般を行っております。それぞれの業務に専門スタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とのネットワークを駆使し、ワンストップで対応。ふくおか司法書士法人を選んでご来所いただいたお客様に、満足して、笑顔で帰っていただくために、私たちはどんな苦労も惜しみません。

初回相談費用無料

債務整理の問合せ

全ての業務の問合せ