コラムColumn

名変の重要性

2015.06.25

不動産登記で一番注意しなければならないのは、おそらく

「名変」

でしょう。

所有権移転や抵当権設定の際、所有者の住所が現住所と異なっている場合には、所有権登記名義人表示変更→所有権移転もしくは抵当権の設定となります。

これを怠れば所有権移転もしくは抵当権設定の申請は却下されてしいます。

そうなれば不動産の取引や融資の実行に支障をきたすので、司法書士であれば絶対できないミスです。
泣き落として法務局の登記官が枝番を付けて事後的な変更を許してくれた話は聞いたことがありますが・・・・

この度依頼があった登記で複数不動産の所有者の住所が転々としており、物件によって住所変更がされているものとされていないものがありました。

Xの住所は a→b→c と移転しています。

A土地   B土地   C土地
所有者    X      X      X
住所      a a b

このとき、ABC土地の所有権登記名義人表示変更を一括申請できるか。

できる。

各不動産ごとに登記記録上の住所が異なっていても、最終の登記原因及びその日付が同一であれば、1件の申請書で申請することができる(事例集131ページ)

このときa→b→cとつながる住民票又は戸籍の付票を添付する。

名変はいつも申請しますが、こんな登記は初めて知りました。

勉強になりました。

わたしたちは皆様のお困りごとを解決する
福岡の司法書士事務所です。

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、債務整理、後見業務などに専門のスタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。
また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とも協力し合いながらワンストップで業務にあたっています。
事務所設立時の「誰かの支えになりたい」「目に映る困っている人の力になりたい」という想いは、今も変わらずわたしたちの強い原動力となっています。

一覧に戻る

ピックアップコンテンツPickup contents

当事務所が運営している専門サイトや
おすすめコンテンツをご紹介

暮らしに役立つ
法律メルマガ

https://mi-g.jp/mig/registration

福岡で不動産事業を
始めたい方へ

https://www.fukuoka-shihousyoshi.jp/estate

福岡
債務整理センター

http://www.福岡債務整理.net/

福岡自己破産
無料相談室

http://fukuoka-jikohasan.net/

福岡債務整理
無料相談室

http://fukuoka-saimuseiri.net/

福岡個人再生
無料相談室

http://fukuoka-kojinsaisei.net/

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、過払い請求・個人再生・自己破産・任意整理・時効援用などの債務整理、相続・遺言、成年後見、債権回収 交通事故などについての手続き全般を行っております。それぞれの業務に専門スタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とのネットワークを駆使し、ワンストップで対応。ふくおか司法書士法人を選んでご来所いただいたお客様に、満足して、笑顔で帰っていただくために、私たちはどんな苦労も惜しみません。

初回相談費用無料

債務整理の問合せ

全ての業務の問合せ