コラムColumn

農地の相続について

農地の売買において売主または買主が死亡した場合

①農業委員会へ農地法3条許可申請後、(許可到達後)売主が死亡した場合、その許可は「有効」

相続による相続人名義への所有権移転登記を経て、買主へ所有権移転。

 

登記先例 昭40.3.30民三発309号

  • 農地の売主死亡後、農地法3条の許可があった場合に、相続登記を省略して売買による所有権移転登記を申請することはできない。

 

②農業委員会へ農地法3条許可後に買主が死亡した場合、その許可は「有効」

許可後の買主死亡は、売買の効力に影響しない。

しかし、直接相続人名義にすることはできない。いったん死亡した買主名義に売買を原因とする所有権移転登記をしたあとに、相続による所有権移転登記をする。

 

登記研究486号

  • 被相続人(死亡した者)がその生前に、農地法第3条許可を得て農地を取得していた場合に、相続を証する書面を添付しても直接相続名義人に所有権移転登記をすることはできない。

 

 

③農業委員会へ農地法3条許可前に買主が死亡した場合、その許可は「無効」

相続人は売主とともに相続人名義で、再度農地法3条許可申請の上、売主との間で所有権移転登記をする。

つまり、許可前に買主が死亡した場合は再度相続人が許可を取り直し、売主⇔買主相続人との間で新たな売買契約に基づく所有権の移転登記をしてくださいね。

ということです。

登記先例 昭51.8.3民三4443号

  • 農地の譲受人である死者に対してなされた農地法3条許可は無効であり、相続人は当該許可書を添付して所有権移転登記をすることはできない。

 

福岡市の司法書士 ふくおか司法書士法人
相続、遺言、会社設立、債務整理、自己破産、個人再生、過払金請求、交通事故、成年後見
〒819-0041
福岡市中央区大名二丁目1番35号トライエント山崎ビル4F
Tel 092-753-6303  Fax 092-753-6304

 

わたしたちは皆様のお困りごとを解決する
福岡の司法書士事務所です。

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、債務整理、後見業務などに専門のスタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。
また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とも協力し合いながらワンストップで業務にあたっています。
事務所設立時の「誰かの支えになりたい」「目に映る困っている人の力になりたい」という想いは、今も変わらずわたしたちの強い原動力となっています。

一覧に戻る

ピックアップコンテンツPickup contents

当事務所が運営している専門サイトや
おすすめコンテンツをご紹介

暮らしに役立つ
法律メルマガ

https://mi-g.jp/mig/registration

福岡で不動産事業を
始めたい方へ

https://www.fukuoka-shihousyoshi.jp/estate

福岡
債務整理センター

http://www.福岡債務整理.net/

福岡自己破産
無料相談室

http://fukuoka-jikohasan.net/

福岡債務整理
無料相談室

http://fukuoka-saimuseiri.net/

福岡個人再生
無料相談室

http://fukuoka-kojinsaisei.net/

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、過払い請求・個人再生・自己破産・任意整理・時効援用などの債務整理、相続・遺言、成年後見、債権回収 交通事故などについての手続き全般を行っております。それぞれの業務に専門スタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とのネットワークを駆使し、ワンストップで対応。ふくおか司法書士法人を選んでご来所いただいたお客様に、満足して、笑顔で帰っていただくために、私たちはどんな苦労も惜しみません。

初回相談費用無料

債務整理の問合せ

全ての業務の問合せ