コラムColumn

12月のこと、昔は「しわす」って読んでたみたいです

2016.12.19

今年も、もうすぐおわりますねえ~。

暖冬なのか、あまり寒さを感じない体質なのか「ザ・冬」って感じではないですね。

先々週、毎年恒例の行事で秋月にもみじ狩りと陶芸(「山の音」っていうカフェがあって、陶芸体験ができる)

に行ってきたんですけど、やっと紅葉した感じでした。

紅葉見学のピークも過ぎてたからか、人もまばらでゆっくりできました。

陶芸も何日も前から構想を練ってた息子君ですが、構想と全然違うものが出来ました。

子供の想像力(創造力?)は、やっぱりすばらしいですね。ねらわずに前衛的な作品ができるんですものねぇ~。

一般常識でガチガチの僕なんかが、口を挟まずにいたほうが、よっぽどいい作品が出来るみたいです。

口を出さずに我慢して見守るのも親の役目なんでしょうね。(すんげぇ、口挟みたっかたけど。)焼き上がりが楽しみです。

 

さて、本題。

前回のブログで、所有権移転はA事務所、抵当権設定がB事務所なんてなった時の

お話しでしたが、

同じ申請で権利者・義務者がそれぞれ代理人を立てて、登記申請する場合どうするのか?というお話です。

 

例えば、所有権移転の登記で権利者(買主側)の代理人としてA事務所

義務者(売主側)の代理人としてB事務所という場合。

 

そんなことってあるの? って感じなんですけど、

関西地区では、これ結構あるみたいですね。

なんか「京都方式」って言うらしくて。

福岡では、ほぼほぼないんですが・・・・。

京都は、人との繋がりが深いからなんでしょうか?

 

この場合、A事務所は、買主からA事務所宛の所有権移転委任状を貰って、

B事務所は、売主からB事務所宛の所有権移転委任状と登記原因証明情報をもらいます。、

そして、B事務所がA事務所宛に復代理の委任状を作成して、A事務所が申請するって

方法をとります。

本来は、もっちょと色々と当事者への確認だったり色々とあるんですけどね。

 

今回は、これくらいで。

 

わたしたちは皆様のお困りごとを解決する
福岡の司法書士事務所です。

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、債務整理、後見業務などに専門のスタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。
また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とも協力し合いながらワンストップで業務にあたっています。
事務所設立時の「誰かの支えになりたい」「目に映る困っている人の力になりたい」という想いは、今も変わらずわたしたちの強い原動力となっています。

一覧に戻る

ピックアップコンテンツPickup contents

当事務所が運営している専門サイトや
おすすめコンテンツをご紹介

相続・遺言
《無料相談》実施中!

https://www.fukuoka-shihousyoshi.jp/souzoku

暮らしに役立つ
法律メルマガ

https://mi-g.jp/mig/registration

福岡で不動産事業を
始めたい方へ

https://www.fukuoka-shihousyoshi.jp/estate

福岡自己破産
無料相談室

http://fukuoka-jikohasan.net/

福岡債務整理
無料相談室

http://fukuoka-saimuseiri.net/

福岡個人再生
無料相談室

http://fukuoka-kojinsaisei.net/

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、過払い請求・個人再生・自己破産・任意整理・時効援用などの債務整理、相続・遺言、成年後見、債権回収 交通事故などについての手続き全般を行っております。それぞれの業務に専門スタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とのネットワークを駆使し、ワンストップで対応。ふくおか司法書士法人を選んでご来所いただいたお客様に、満足して、笑顔で帰っていただくために、私たちはどんな苦労も惜しみません。

初回相談費用無料

債務整理の問合せ

全ての業務の問合せ