コラムColumn

「改製不適合物件」の話

2016.11.02

めっきり寒くなりましたねぇ~。

朝晩の冷え込みも、秋を超えて、冬?って感じで。

朝起きるのが、つらい季節になってきますねぇ。

うちの息子君も、つい1週間前ぐらいまでは夜中に寝顔を見に行くと布団を蹴って

寝ていたのが、一昨日くらいからは、毛布にくるまって寝ております。

 

今日は、田川市に仕事で行ったんですけど、中学校?の校庭の柿の木に実がなってて、

なんか、季節を感じてしまいました。

 

まぁ、そんなことで、不動産登記のお話。(ちょっとマニアックな)

 

みなさんは、法務局に、「登記事項証明書」を取りにいった事ありますか?

これ、今は法務局の電子化が進んでデータとして保存(コンピュータ化)するようになって

るんですが、昔は登記簿と言って「紙」で管理してたんです。

ですので、取りたい土地を指定すると、登記簿からその部分を(バインダーで綴ってある)

法務局の人がはずしてコピーをして、認証(印鑑を押す)をしてたんです。

だから、「登記簿謄本」(謄本→原本の内容をそのまま全部写しとった文書の意味)って

いってたんですよね。

そのなごりなんでしょうが、今でも取引先の方と話す時に、ついつい謄本って言っちゃいますし、

そのほうが通じたりもしますしね。

 

ここからが、本題。

では、全ての不動産がデータとして保存されているか?というとそうではないんです。

え?じゃあ漏れがあるのか?ってことなんですけど、コンピュータに移行する作業の中で

移行できない不動産が出てきたのです。

例えば、「マンションの敷地の持分の分子を全部足しても、1にならない」や、

「判読出来ない文字がある(昔は手書きだったりだから)」などです。

このような不動産を「改製不適合物件」って言ったり「事故簿」っていったりします。

 

今では、地番が分かってれば、他の県の登記事項証明書も交換システムを使って

取得できるのですが、「改製不適合物件」は、コンピュータ化してないんで、

現地まで行かないと取れないのです。

 

もう少し「改製不適合物件」の話は続きますが、今日はここまで。

 

みなさん風邪をひかれませんように。

わたしたちは皆様のお困りごとを解決する
福岡の司法書士事務所です。

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、債務整理、後見業務などに専門のスタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。
また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とも協力し合いながらワンストップで業務にあたっています。
事務所設立時の「誰かの支えになりたい」「目に映る困っている人の力になりたい」という想いは、今も変わらずわたしたちの強い原動力となっています。

一覧に戻る

ピックアップコンテンツPickup contents

当事務所が運営している専門サイトや
おすすめコンテンツをご紹介

暮らしに役立つ
法律メルマガ

https://mi-g.jp/mig/registration

福岡で不動産事業を
始めたい方へ

https://www.fukuoka-shihousyoshi.jp/estate

福岡
債務整理センター

http://www.福岡債務整理.net/

福岡自己破産
無料相談室

http://fukuoka-jikohasan.net/

福岡債務整理
無料相談室

http://fukuoka-saimuseiri.net/

福岡個人再生
無料相談室

http://fukuoka-kojinsaisei.net/

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、過払い請求・個人再生・自己破産・任意整理・時効援用などの債務整理、相続・遺言、成年後見、債権回収 交通事故などについての手続き全般を行っております。それぞれの業務に専門スタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とのネットワークを駆使し、ワンストップで対応。ふくおか司法書士法人を選んでご来所いただいたお客様に、満足して、笑顔で帰っていただくために、私たちはどんな苦労も惜しみません。

初回相談費用無料

債務整理の問合せ

全ての業務の問合せ