コラムColumn

夫婦で不動産を購入したときの登記について②

2022.02.09

先日「夫婦で不動産を購入したときの登記について」のコラムで
所有権更正登記についてご紹介しました。

今回は、「どうやら所有権更正登記が難しそうだな」
という場合にはどうしたらいいの?
という内容です。

「所有権更正登記が難しそうだな」とは?

なぜ真実の権利関係に直すだけなのに、「難しそうだな」
といった状況になるのでしょうか?

今回は、同じ所有権更正でも少し状況が違います。
先日のコラムでご紹介した更正登記は、
2分の1太郎
2分の1花子
の登記を
4分の3太郎
4分の1花子

というように、「夫婦間で持分をちょろっと変える」という内容でした。
しかし今回はこんな状況です。

4000万円の不動産を太郎が全額負担して購入しました。
しかし夫婦で「半分こしよ」と話し合い
2分の1太郎
2分の1花子
と登記してしまったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを
所有者:太郎
に更正して、花子は完全に所有者ではなくなります。
この場合、登記的な考え方をすると
「前所有者はまだ太郎に対する義務を履行していない」となるのです。
この理屈はよくわからなくても大丈夫です。

とにかく重要なのは

 

 

 

いきなりハードルがあがりましたよね。
①の協力は得られる可能性はありますが、
②の協力が得られることは少ないです。

①②どちらか一方でも協力してもらえないと
更正登記はできません。
これが「どうやら所有権更正登記が難しそうだな」という状況です。

では、このままにしておくのでしょうか?
不動産登記は真実の権利関係を登記しなければいけませんし、
贈与税や住宅ローン控除等もありますので、
このままにはできません。

そんなときに取る手段が「真正な登記名義の回復」という登記です。

真正な登記名義の回復は更正登記と何が違うの?

真正な登記名義の回復も更正登記も
どちらも真実の権利関係に登記を直しましょうね
という点は共通しています。

まず、誤った登記をした場合に検討するのが
更正登記です。
そして、更正登記で利害関係人や前所有者の協力が得られない場合に検討するのが
真正な登記名義の回復という流れになります。

そしてこの2つの登記には
主に3つの違いがあります。

 

 

 

 

 

 

あくまでイメージですが、
①②が緩和される代わりに、③が重くなるといった感じでしょうか。

まとめ

今日は真正な登記名義の回復をご紹介しました。
これは実務でも取り扱うことが少ない登記です。

持分を間違えて登記してしまったなと思ったら
まずは専門家である司法書士にご相談ください。

 

福岡で司法書士に依頼するならふくおか司法書士法人

わたしたちは皆様のお困りごとを解決する
福岡の司法書士事務所です。

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、債務整理、後見業務などに専門のスタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。
また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とも協力し合いながらワンストップで業務にあたっています。
事務所設立時の「誰かの支えになりたい」「目に映る困っている人の力になりたい」という想いは、今も変わらずわたしたちの強い原動力となっています。

一覧に戻る

ピックアップコンテンツPickup contents

当事務所が運営している専門サイトや
おすすめコンテンツをご紹介

相続・遺言
《無料相談》実施中!

https://www.fukuoka-shihousyoshi.jp/souzoku

暮らしに役立つ
法律メルマガ

https://mi-g.jp/mig/registration

福岡で不動産事業を
始めたい方へ

https://www.fukuoka-shihousyoshi.jp/estate

福岡自己破産
無料相談室

http://fukuoka-jikohasan.net/

福岡債務整理
無料相談室

http://fukuoka-saimuseiri.net/

福岡個人再生
無料相談室

http://fukuoka-kojinsaisei.net/

出版物紹介

https://www.amazon.co.jp

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、過払い請求・個人再生・自己破産・任意整理・時効援用などの債務整理、相続・遺言、成年後見、債権回収 交通事故などについての手続き全般を行っております。それぞれの業務に専門スタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とのネットワークを駆使し、ワンストップで対応。ふくおか司法書士法人を選んでご来所いただいたお客様に、満足して、笑顔で帰っていただくために、私たちはどんな苦労も惜しみません。

初回相談費用無料

LINEでのご相談はこちら