コラムColumn

おまとめローンの落とし穴

おまとめローンは借金整理の手段として有効か?

おまとめローン・・・複数社の借入がある人が借金を一本化するための借り換え契約。

複数社を1社に借り換えすることで、金利がほんの少し安くなったり、返済期間が長くなって月々の返済が楽になったりするアレです。

「おまとめローンを検討しているが債務整理とどちらがいいの?」「おまとめローンを申し込んだが通らなかった。」とご相談に来られる方も多くいらっしゃいます。

その中でも一番よくあるパターンが

「おまとめローンをしたが、かえって家計が厳しくなってしまった」

「借金をおまとめローンで1本化したが、それで返済した業者の空いた枠を使ってしまい、結果的に借金がそれまでより増えてしまった。」というケースです。

おまとめしたのに、かえって借金が増えてしまったというこのパターン、本当に多いです。

確かに、おまとめローンをするとそれまで毎月数社に返済していたものを1社に返済するだけでよくなり、月の返済額も減るので楽になるような印象を受けます。

しかし、おまとめローンは通常数百万円単位で借入れすることが多く、金利は決して安くありません。

利息制限法所定の制限利率では、100万円以上の借入について15%まで利息を取ることができます。

たとえば、300万円に対する15%の利息は1カ月で約37,000円です。金利だけでこの金額ですので、返していくのはなかなか大変ですね。

おまとめローンをされた方でご相談にお越しになる方の多くがおまとめローン以外の債務を抱えています。まとめたはずが結果全然まとまっていないのです。

おまとめローンの是非については、その方のおまとめを組んだ後の行動などによるので何とも言えません。おまとめローンできちんと借金を完済される方もいます。

しかし、おまとめローンに失敗してしまった場合は、任意整理や個人再生などの債務整理がとりにくくなることが多いということはあまり知られていないように思います。

おまとめローンで失敗→任意整理できるか?

任意整理は、債権者の協力のもと将来の金利を免除してもらう手続きなので、おまとめローンで借り入れをしてすぐの場合は、債権者の協力を得られずに将来の金利を免除してもらうことが困難な場合もあります。これは、おまとめローンに限ったことではありません。しかし、おまとめローンは債務額が大きくなる傾向があるため返済に行き詰まった時の影響は大きくなります。

債務額が大きいほど任意整理による利息カットの負担軽減効果も大きくなります。つまり債務額の大きなおまとめローン分が任意整理できなければ借金整理の効果はあまり得られないのです。

おまとめローンで失敗→個人再生はできるか?

小規模個人再生の手続きのなかで業者(債権者)に対して「債務の圧縮について反対の人いますか?」っていう多数決があります。

多数決は業者の債権額に応じて投票権(割合)があります。過半数の業者が反対(不同意)すると圧縮が認められず、手続は廃止になります。

おまとめローンで債権額が1社に集中してしまうと、そのおまとめローンの1社が反対しただけで小規模個人再生はできないということになってしまうのです。

パターンA(複数社から借入がある状態)

Fローン 50万円 / U銀行 30万円 / Kクレジット 70万円 / Uファイナンス  100万円 / Oカード 50万円

合計300万円

この状態だと過半数は150万円を超える額になります。

どこか1社が「反対!」って言ってもどこも過半数の150万円を超える債権を持っていないので、強制的に圧縮されます。

一方、パターンB(Fローン、U銀行、Kクレジット、UファイナンスをK銀行のおまとめローンで一本化した状態)

K銀行 250万円 / Oカード 50万円

この状態だとK銀行が過半数の債権を持つことになります。

ということは、K銀行が「反対!」というと圧縮ができません。

債権者の同意がいらない個人再生手続きもある・・・しかし

余談ですが多数決が無い(つまり強制的に圧縮できる)給与所得者等再生という方法がないわけではないですが、圧縮の基準に「可処分所得額」というのが加わりますので圧縮できる額が変わることがあります。その場合、返済しなくてはならない金額が多くなってしまうケースがほとんどです。

当事務所の事例では1000万円の債務があり、小規模個人再生がOKだったら200万円まで圧縮できるはずだったものの、依頼直前におまとめローンをしていた結果、過半数を持っていた業者が「反対(不同意)」したため、結局、給与所得者等再生をするしかなく圧縮額が650万円になったという例がありました。

おまとめローンを組む際に不動産担保を設定しているケースなどもあり、おまとめローンをされる前にご相談に来ていただければ別の方法も取れたのに・・・ということもありますので、ご利用になる前に、是非ご相談に来られることをお勧めいたします。

おまとめを組むか債務整理の手続きをするかは、ご自分の借入やお金に対する認識と、手続きの概要を理解したうえで、まずは、おまとめローンで返済できる家計か、一緒に検討しましょう。

そして、借金完済を目指しましょう!

 

福岡市の司法書士 ふくおか司法書士法人

相続、遺言、会社設立、債務整理、自己破産、個人再生、過払金請求、交通事故、成年後見
〒810-0041
福岡市中央区大名二丁目1番35号トライエント山崎ビル4F
Tel 092-753-6347  Fax 092-753-6348

わたしたちは皆様のお困りごとを解決する
福岡の司法書士事務所です。

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、債務整理、後見業務などに専門のスタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。
また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とも協力し合いながらワンストップで業務にあたっています。
事務所設立時の「誰かの支えになりたい」「目に映る困っている人の力になりたい」という想いは、今も変わらずわたしたちの強い原動力となっています。

一覧に戻る

ピックアップコンテンツPickup contents

当事務所が運営している専門サイトや
おすすめコンテンツをご紹介

相続・遺言
《無料相談》実施中!

https://www.fukuoka-shihousyoshi.jp/souzoku

暮らしに役立つ
法律メルマガ

https://mi-g.jp/mig/registration

福岡で不動産事業を
始めたい方へ

https://www.fukuoka-shihousyoshi.jp/estate

福岡自己破産
無料相談室

http://fukuoka-jikohasan.net/

福岡債務整理
無料相談室

http://fukuoka-saimuseiri.net/

福岡個人再生
無料相談室

http://fukuoka-kojinsaisei.net/

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、過払い請求・個人再生・自己破産・任意整理・時効援用などの債務整理、相続・遺言、成年後見、債権回収 交通事故などについての手続き全般を行っております。それぞれの業務に専門スタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とのネットワークを駆使し、ワンストップで対応。ふくおか司法書士法人を選んでご来所いただいたお客様に、満足して、笑顔で帰っていただくために、私たちはどんな苦労も惜しみません。

初回相談費用無料

債務整理の問合せ

全ての業務の問合せ