コラムColumn

消費者金融から時効になってるはずの借金の請求がきた!

ずっと昔の借入の請求書が裁判所から届いた、というご相談をいただきました。

 

ご依頼者様は高齢の女性。

 

裁判所から届いた書類の正体は↓の訴状でした。

 

 

 

 

訴状の内容を確認したところ、時効の中断事由に関する記述はなく、またご依頼者様の記憶にも時効の中断事由はなかったため、答弁書で時効援用しました。

 

するとあっさり裁判は取り下げられました。

 

原告の消費者金融はなぜ時効の期間が経過している件を提訴してきたのか?

 

それは「時効を中断」させるためです。

 

・・・

 

消費者金融の貸金は5年で時効です。

 

しかし5年放っておけば自動的に時効になるかと言うと、そうではありません。

 

借り主が「時効だよ!」(時効の援用)と貸し主に伝えて初めて消滅時効が成立します。

 

逆に言うと時効の援用をしなければ何年たっても消滅時効は成立しません。

 

上記の件では1996年10月1日に最後の返済をしているので、21年前の債務です。

 

したがって、時効の援用をすればもう返済はしなくて済みます。

 

ところが!! この件は裁判上で貸金の請求をしています。

 

「裁判上で請求すると1月○○日に裁判所に来てください」という期日呼び出し(1枚目)があります。

 

借り主はこの日までにきちんと回答しないと、自動的に貸し主の言い分が裁判上で認められます。

 

裁判上で認められるというのは、時効がリセット(時効の中断)されるということです。

 

そう、原告の消費者金融はこの時効の中断を狙っているというわけです。

 

時効が中断した以降は、時効の援用ができませんので堂々と取り立てができるというわけです。

 

 

というわけで本日のポイント

 

「裁判所から届く書類は無視しない!」

 

福岡市の司法書士 ふくおか司法書士法人

相続、遺言、会社設立、債務整理、自己破産、個人再生、過払金請求、交通事故、成年後見のご相談はコチラ
〒810-0041
福岡市中央区大名二丁目1番35号トライエント山崎ビル4F(地下鉄赤坂駅5番出口徒歩2分)
Tel 092-753-6303  Fax 092-753-6304

わたしたちは皆様のお困りごとを解決する
福岡の司法書士事務所です。

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、債務整理、後見業務などに専門のスタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。
また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とも協力し合いながらワンストップで業務にあたっています。
事務所設立時の「誰かの支えになりたい」「目に映る困っている人の力になりたい」という想いは、今も変わらずわたしたちの強い原動力となっています。

一覧に戻る

ピックアップコンテンツPickup contents

当事務所が運営している専門サイトや
おすすめコンテンツをご紹介

暮らしに役立つ
法律メルマガ

https://mi-g.jp/mig/registration

福岡で不動産事業を
始めたい方へ

https://www.fukuoka-shihousyoshi.jp/estate

福岡
債務整理センター

http://www.福岡債務整理.net/

福岡自己破産
無料相談室

http://fukuoka-jikohasan.net/

福岡債務整理
無料相談室

http://fukuoka-saimuseiri.net/

福岡個人再生
無料相談室

http://fukuoka-kojinsaisei.net/

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、過払い請求・個人再生・自己破産・任意整理・時効援用などの債務整理、相続・遺言、成年後見、債権回収 交通事故などについての手続き全般を行っております。それぞれの業務に専門スタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とのネットワークを駆使し、ワンストップで対応。ふくおか司法書士法人を選んでご来所いただいたお客様に、満足して、笑顔で帰っていただくために、私たちはどんな苦労も惜しみません。

初回相談費用無料

債務整理の問合せ

全ての業務の問合せ