コラムColumn

住居費とスマホ料金と家計

2019.04.23

「住居費は収入の3割」だと今は厳しい!

債務整理のお手続きでご相談に来られた方の家計表を拝見する機会が多くあります。

家計表は、「自己破産」や「個人再生」という法的整理については裁判所に提出が必要ですし、「任意整理」という債権者との交渉で返済月額や利息の負担を軽くしてもらう手続きでは、いくらであれば無理なく返済に充てられるのかを確認するための重要な資料です。

世の中には、1カ月食費●●円生活!や、●●で電気代削減!といった家計節約の方法がたくさんありますが、私たちが家計表を見る際に注目するのは『住居費が収入の4分の1以内かどうか』という点です。

ひと昔前までは住居費は手取り収入の3分の1以内が目安、と言われていましたが、昨今収入が右肩上がりに増えていく時代ではなくなったこともあり、住居費は手取り収入の4分の1以内におさえることが目安になっています。

ということは、世帯収入が
手取り15万円の場合・・・目安となる住居費は約37,500円
手取り20万円の場合・・・   〃       約50,000円
手取り25万円の場合・・・   〃       約62,500円
手取り30万円の場合・・・   〃       約75,000円
手取り35万円の場合・・・   〃       約87,500円
といった金額になります。

あくまで無理のない家計運営の目安、ということにはなりますが、食費や雑費をせっせと節約するより、住居費という大きな固定費を安くすることは節約効果も大きくなります。

債務整理のご相談の際、現在のお住まいの負担が大きいと感じておられる方は、その点もご相談ください。住宅ローンのお借り換えや、適正家賃を目安とした賃貸物件探しのお手伝いができる不動産業者さんをご紹介することも可能です。

その高性能なスマホ、本当に必要ですか?

上記のように、収入に対する住居費の適正目安が引き下げられている別の理由として、「スマホやタブレット、PCの普及による通信費の増加」も一因として挙げられます。いきなり住居費の節約なんて無理!という場合にはまずは通信費を見直してみませんか?

スマホ代の節約といえば、いわゆる格安スマホ(格安SIM)が挙げられますが、キャリア携帯でも適正な料金プランやオプションに設定することで節約効果が見込めます。契約時にとりあえず最初の数カ月無料だからと店頭で言われるがままに設定した数々のオプション、気が付いた時には毎月利用料金が引き落とされていませんか?

これくらいして当然と漫然と利用料金を払うのはやめましょう!ご自身の契約内容を精査するだけで、毎月のスマホ利用料が節約できるかもしれません!

いずれにしてもご自身の利用形態に応じた料金プランを契約することが非常に大切です。

最近のスマホは高性能になり端末代金が高額化する傾向にあります。このため毎月の通信料とあわせて端末代を割賦で支払っている方も多いと思います。携帯代と一緒に支払っているため意識しずらいですが、この「端末代金の分割払い」は携帯会社からの借入であり、払えなくなった時に負うリスクは通常の借金と同じです。

話題性だけで利用端末を決めたりせず、ご自身にとって本当に必要かどうか見極めることが大切です。スマホ代にお金がかかって借金をする・・・スマホは暮らしを少し便利に豊かにしてくれる今の時代には欠かせないものではありますが、それによって借金が増えてしまうようでは本末転倒です。10万近くする端末でなくても十分な機能を備えている端末は多くあるかと思います。10円安い野菜を探すより、スマホに係る毎月の固定費を見直すほうが節約効果は大きいですよ。もちろん、お金に不自由してないということであれば何の問題もありませんが・・・

そもそも、あなたが使うスマホ端末、そんなに高性能である必要ありますか?

そのゲーム、課金してまでする必要ありますか?(ゲーム依存の可能性が考えられる場合には専門医に相談されることをおすすめします)

その動画視聴、Wi-Fiエリアに入るまで我慢できませんか?

その有料ストリーミングサービス、本当に必要ですか?

その有料動画チャンネル、実際どれくらい視聴してますか?

ちょっと見直すだけでも節約効果があるかもしれませんよ。

それでも借金が減らない場合には

出来る家計改善はした、それでも借金がなかなか減らない、借りては返す自転車操業状態という場合には、「債務整理」も一つの方法として検討できます。

一人で抱え込んでしまっては、何も解決しません。早く専門家に相談するのが、解決への近道です。

ふくおか司法書士法人では無料相談を実施しています。ご予約は随時受付中です。お仕事帰りや、土・祝もご面談可能です。ご希望の日をお聞かせください。
ご依頼されるかどうかに関係なくご相談は無料です。「ちょっと相談してみるだけ」でも大歓迎です。お気軽にお問い合わせ下さい。

福岡市の司法書士 ふくおか司法書士法人

相続、遺言、会社設立、債務整理、自己破産、個人再生、過払金請求、交通事故、成年後見
〒810-0041
福岡市中央区大名二丁目1番35号トライエント山崎ビル4F(地下鉄赤坂駅5番出口徒歩2分)
Tel 092-753-6347 Fax 092-753-6348

わたしたちは皆様のお困りごとを解決する
福岡の司法書士事務所です。

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、債務整理、後見業務などに専門のスタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。
また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とも協力し合いながらワンストップで業務にあたっています。
事務所設立時の「誰かの支えになりたい」「目に映る困っている人の力になりたい」という想いは、今も変わらずわたしたちの強い原動力となっています。

一覧に戻る

ピックアップコンテンツPickup contents

当事務所が運営している専門サイトや
おすすめコンテンツをご紹介

暮らしに役立つ
法律メルマガ

https://mi-g.jp/mig/registration

福岡で不動産事業を
始めたい方へ

https://www.fukuoka-shihousyoshi.jp/estate

福岡
債務整理センター

http://www.福岡債務整理.net/

福岡自己破産
無料相談室

http://fukuoka-jikohasan.net/

福岡債務整理
無料相談室

http://fukuoka-saimuseiri.net/

福岡個人再生
無料相談室

http://fukuoka-kojinsaisei.net/

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、過払い請求・個人再生・自己破産・任意整理・時効援用などの債務整理、相続・遺言、成年後見、債権回収 交通事故などについての手続き全般を行っております。それぞれの業務に専門スタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とのネットワークを駆使し、ワンストップで対応。ふくおか司法書士法人を選んでご来所いただいたお客様に、満足して、笑顔で帰っていただくために、私たちはどんな苦労も惜しみません。

初回相談費用無料

債務整理の問合せ

全ての業務の問合せ