コラムColumn

過去の支払い督促に気を付けて。

2014.07.17

突然貸金業者から届いた請求書。

 

『強制執行予告通知書』 という恐ろしい文字がデカデカと記載され

 

元金20万円 遅延損害金75万円

 

これを一括で払いなさい

 

という内容。

 

これは、実在する大手の消費者金融からご相談者の方に実際に届いた手紙の内容です。

 

 

中身をよく読むと、民事訴訟法の手続きに従い、強制執行力を付与された判決に基づいて請求しています、とのこと。

そして、実際に裁判手続きを過去にとられたことがある、

「大変だ!急いで払わなかきゃ!!」

 

ということで相談にこられました。

 

早速、債務整理手続きを受任し、業者さんと交渉を重ねました。

しかし、「すぐに払ってくれ」の一点ばり。交渉決裂。

 

そこで、こちらから訴訟を提起し、結果、逆に消費者金融からお金を返してもらうことができました。

 

ここで、注意点。

まず、消費者金融が主張していた、「民事訴訟法の手続き」は、「支払い督促」という手続きでした。

一般の方には普通の訴訟との違いがわかりづらいと思いますが、これは

金銭等に係る請求について債権者の申立により、その主張に理由があると認めれれる場合には、裁判所の書記官が支払い督促を発する手続きで、

これに基づいて強制執行をすることができます。

しかし、これは通常の訴訟と違って、裁判所の書記官が発するもので裁判官が審理をすることもなく、簡易な手続きなのです。

だから、「あの請求は間違っているよー!!」という主張も後々出てくるわけなんです。

 

今回も取引をよく確認すると、この支払い督促がとられた時点ですでに過払い。

この時に、きちんと引き直し計算をして異議を出していれば、この請求は認めれなかった可能性が十分にあったのです。

 

ここを主張して、今回過払い金を取り返すことができたわけですが、、、、

 

これは、「支払い督促」だったからできたこと。

通常の「訴訟」であれば、こうはいきません。

 

というのも通常の訴訟は、「既判力」といって、一度裁判で確定した請求内容は、そのあと「やっぱり違ったー!」ということがあっても

また争うことはできないよ、という決まりがあります。

 

だから、裁判を提起された場合には、きちんと反論をしてください。

 

特に注意したいのが、今回と同じ「過払いの可能性」と「時効の可能性」です。

これも主張しなければ、認められませんよ。

 

裁判所からの通知を放置してはいけません!

まずは、ご自身で判断される前に、専門家に相談してみてください。

 

わたしたちは皆様のお困りごとを解決する
福岡の司法書士事務所です。

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、債務整理、後見業務などに専門のスタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。
また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とも協力し合いながらワンストップで業務にあたっています。
事務所設立時の「誰かの支えになりたい」「目に映る困っている人の力になりたい」という想いは、今も変わらずわたしたちの強い原動力となっています。

一覧に戻る

ピックアップコンテンツPickup contents

当事務所が運営している専門サイトや
おすすめコンテンツをご紹介

暮らしに役立つ
法律メルマガ

https://mi-g.jp/mig/registration

福岡で不動産事業を
始めたい方へ

https://www.fukuoka-shihousyoshi.jp/estate

福岡
債務整理センター

http://www.福岡債務整理.net/

福岡自己破産
無料相談室

http://fukuoka-jikohasan.net/

福岡債務整理
無料相談室

http://fukuoka-saimuseiri.net/

福岡個人再生
無料相談室

http://fukuoka-kojinsaisei.net/

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、過払い請求・個人再生・自己破産・任意整理・時効援用などの債務整理、相続・遺言、成年後見、債権回収 交通事故などについての手続き全般を行っております。それぞれの業務に専門スタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とのネットワークを駆使し、ワンストップで対応。ふくおか司法書士法人を選んでご来所いただいたお客様に、満足して、笑顔で帰っていただくために、私たちはどんな苦労も惜しみません。

初回相談費用無料

債務整理の問合せ

全ての業務の問合せ