解決事例Case

相続未了不動産がある自己破産の解決事例

【ご相談者】 40代女性

【借入原因】 引っ越し費用・生活費・健康食品など

【手続前】  クレジットやカードローンなどで約190万円

【手続後】  0円

親族の介護と夫との不仲で精神的に追い詰められていた依頼人。それまでもクレジットカードの利用がありつつも収入の範囲内でやりくりをしていました。

しかし、子どもたちの独立後に夫と別居を始めたことをきっかけに返済不能に陥りました。ご依頼から完了まで約3年もかかりましたが、その原因のひとつに相続未了財産があったことがあげられます。

相続未了財産とは、相続発生後に適切な遺産分割や相続放棄などの措置をとらずに放っておいている財産のことで、そのような場合には、その相続財産は法定相続人らが共有していることになります。

今回の依頼人は、亡父名義の実家不動産について相続手続きをしないままでした。そのため、その実家には母と姉だけが住んでおりましたが、法的には母と姉と依頼人の3人で共有している状態でした。

そのような状態で自己破産の申立をしましたので、管財事件として進行することなり、さらには当該不動産の持ち分相当額(この場合約50万円でした)を債権者に分配するために納めなくてはならなくなりました。

すでに支払い不能に陥っている依頼者にとって約50万円もの金額を短期間に積み立てるのはもはや不可能であったため、姉の援助を得て50万円を納めそこから管財費用を差し引かれて残りを債権者に分配されて、免責決定がだされました。

このように、相続未了財産があると法定相続人に債務者が含まれる場合、ほかの法定相続人に思わぬ影響が及ぶことがあります。

参考コラム:相続登記と債務整理

 

 

わたしたちは皆様のお困りごとを解決する
福岡の司法書士事務所です。

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、債務整理、後見業務などに専門のスタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。
また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とも協力し合いながらワンストップで業務にあたっています。
事務所設立時の「誰かの支えになりたい」「目に映る困っている人の力になりたい」という想いは、今も変わらずわたしたちの強い原動力となっています。

一覧に戻る

ピックアップコンテンツPickup contents

当事務所が運営している専門サイトや
おすすめコンテンツをご紹介

暮らしに役立つ
法律メルマガ

https://mi-g.jp/mig/registration

福岡で不動産事業を
始めたい方へ

https://www.fukuoka-shihousyoshi.jp/estate

福岡
債務整理センター

http://www.福岡債務整理.net/

福岡自己破産
無料相談室

http://fukuoka-jikohasan.net/

福岡債務整理
無料相談室

http://fukuoka-saimuseiri.net/

福岡個人再生
無料相談室

http://fukuoka-kojinsaisei.net/

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、過払い請求・個人再生・自己破産・任意整理・時効援用などの債務整理、相続・遺言、成年後見、債権回収 交通事故などについての手続き全般を行っております。それぞれの業務に専門スタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とのネットワークを駆使し、ワンストップで対応。ふくおか司法書士法人を選んでご来所いただいたお客様に、満足して、笑顔で帰っていただくために、私たちはどんな苦労も惜しみません。

初回相談費用無料

債務整理の問合せ

全ての業務の問合せ