お知らせNews

敬末の原則

2011.07.27

この2日、バタバタして、ブログに気が回りませんでした。

昨日、スタッフさんに、

『楽しみにしてくれている人もいるんですよ!』

…と言われたので、今日こそ!!!

昨日は、司法書士の研修会に行ってきました。

講義内容は、「法律職能としての言葉遣い」

やや堅い議題ですが、とても面白い講義でした。

講師の先生は、元RKB毎日放送の記者である奥秋 義信さんでした。

なんと82歳、というご高齢ですが、とっても元気で、勢いのある素敵なお方でした。

私も普段、敬語の使い方には、びくびくしているので、お勉強。。

その中でも印象に残ったのが

『敬末の原則』…敬語は最後の締めの言葉につける。

その敬語は、文章全体に掛かってくる。

今までの自分の文面を見直して赤面。

たとえば、依頼者の方に、委任状を書いてもらう際、

「 ご住所、お名前をご記入のうえ、ご捺印をお願いします。」

…なんて書いちゃいました。

敬末の原則によればこうです。

「 住所・氏名を記入後、捺印をお願い致します。」

つまり、最後の言葉を敬語にすれば、その文章すべてに敬語が掛かるので…

私の今までの文では

「ごご住所・おお名前をごご記入………」

。。。。はずかし。

今回の研修は、スタッフさんも一緒に参加したので、これからは二人で敬語の使い方を気を付けていきたいと思います。

奥秋講師の著書買いました

この本の印税は、東日本大震災の被災地に寄付されるそうです。

サイン本☆

ちょうど、私が購入しているときに、奥秋先生が近くにおられて

「ありがとう~」

…と言ってくれました。

なんか、嬉しい(*^^)v

わたしたちは皆様のお困りごとを解決する
福岡の司法書士事務所です。

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、債務整理、後見業務などに専門のスタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。
また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とも協力し合いながらワンストップで業務にあたっています。
事務所設立時の「誰かの支えになりたい」「目に映る困っている人の力になりたい」という想いは、今も変わらずわたしたちの強い原動力となっています。

一覧に戻る

ピックアップコンテンツPickup contents

当事務所が運営している専門サイトや
おすすめコンテンツをご紹介

相続・遺言
《無料相談》実施中!

https://www.fukuoka-shihousyoshi.jp/souzoku

暮らしに役立つ
法律メルマガ

https://mi-g.jp/mig/registration

福岡で不動産事業を
始めたい方へ

https://www.fukuoka-shihousyoshi.jp/estate

福岡自己破産
無料相談室

http://fukuoka-jikohasan.net/

福岡債務整理
無料相談室

http://fukuoka-saimuseiri.net/

福岡個人再生
無料相談室

http://fukuoka-kojinsaisei.net/

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、過払い請求・個人再生・自己破産・任意整理・時効援用などの債務整理、相続・遺言、成年後見、債権回収 交通事故などについての手続き全般を行っております。それぞれの業務に専門スタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とのネットワークを駆使し、ワンストップで対応。ふくおか司法書士法人を選んでご来所いただいたお客様に、満足して、笑顔で帰っていただくために、私たちはどんな苦労も惜しみません。

初回相談費用無料

債務整理の問合せ

全ての業務の問合せ