お知らせNews

金利の話

2016.06.15

債務整理スタッフ谷口です。

さて、今回は金利の話。

 

金利とは言うまでもありませんが、お金を借りる(またはクレジットの買い物など)場合に支払わないと行けないアレです。

お金を借りるための値段と言ってもいいと思います。 昔、武富士が「円ショップ武富士」とか謳ってましたが、言い得て妙ですね。

 

じゃその金利を計算したいときはどうしたらいいの?

 

それには 「元金(借りてる金額)」 と 「利率」 という材料が必要になります。

たいてい金利の表記は「年利●%」などと表記してあります。

どういうことかと言うと、例えば利率15%とすると、「年利(1年間お金を借りた場合の金利=値段が)15%(元金の15%になります)」っていう意味です。

 

じゃ計算してみましょう。

年利15%で 100万円 借りた場合 → 1,000,000円 × 15% = 15万円 (←1年間でこれだけ払います)

月割にしてみましょう 15万円 ÷ 12ヶ月 = 12,500円 (←1ヶ月間でこれだけはらいます)

日割にしてみましょう 12,500円 ÷ 31日 = 約400円 (←1日でこれだけ払います)

 

というわけで、1,000,000円を年利15%で借りると、1日400円かかります。お昼のお弁当1個分くらい。

 

もし私に2,000,000円の借金があって年利15%の契約だとすると1日の利息は約800円。

ちょっと高めの定食くらい。

800円の定食頼むのも躊躇する私なので、定食を食べられないのに800円だけ払うなんて嫌すぎます。しかも毎日。

(もちろん上記はあくまで金利なので、この他に元金の返済が必要です。)

 

金利って「●●円」ではなく「年利●●%」という記載なので、一見わかりにくいですが、

実際に計算するとかなりの負担になりますので、どうぞお気を付けください。

わたしたちは皆様のお困りごとを解決する
福岡の司法書士事務所です。

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、債務整理、後見業務などに専門のスタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。
また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とも協力し合いながらワンストップで業務にあたっています。
事務所設立時の「誰かの支えになりたい」「目に映る困っている人の力になりたい」という想いは、今も変わらずわたしたちの強い原動力となっています。

一覧に戻る

よく読まれている記事Popular post

ピックアップコンテンツPickup contents

当事務所が運営している専門サイトや
おすすめコンテンツをご紹介

相続・遺言
《無料相談》実施中!

https://www.fukuoka-shihousyoshi.jp/souzoku

暮らしに役立つ
法律メルマガ

https://mi-g.jp/mig/registration

福岡で不動産事業を
始めたい方へ

https://www.fukuoka-shihousyoshi.jp/estate

福岡自己破産
無料相談室

http://fukuoka-jikohasan.net/

福岡債務整理
無料相談室

http://fukuoka-saimuseiri.net/

福岡個人再生
無料相談室

http://fukuoka-kojinsaisei.net/

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、過払い請求・個人再生・自己破産・任意整理・時効援用などの債務整理、相続・遺言、成年後見、債権回収 交通事故などについての手続き全般を行っております。それぞれの業務に専門スタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とのネットワークを駆使し、ワンストップで対応。ふくおか司法書士法人を選んでご来所いただいたお客様に、満足して、笑顔で帰っていただくために、私たちはどんな苦労も惜しみません。

初回相談費用無料

債務整理の問合せ

全ての業務の問合せ