お知らせNews

4月2日生まれについて

2014.04.02

こんにちは(#^.^#)

今日は、珍しく民法にまつわる豆知識を☆

 

4月2日。

といえば、

一学年はこの日から翌年4月1日までに生まれた生徒で構成されます。

 

これってみなさん一度は不思議に思った経験があるのではないでしょうか?

 

実は、この答えは民法に規定されています。

民法143条  2 週、月又は年の初めから期間を起算しないときは、その期間は、最後の週、月又は年において

その起算日に応当する日の前日に満了する。

ただし、月又は年によって期間を定めた場合において、最後の月に応当する日がないときは、

その月の末日に満了する。

 

 

つまり、4月1日生まれは、3月31日の午後12時に年齢が加算されることになるのです。

 

そこで、学校教育法第22条をみると、

「満6歳に達した日の翌日以降における最初の学年の新学期をもって小学校の就学が始まる」

とあるので、

新学期=4月1日

となり、

満6歳に達するのが4月1日=4月2日生まれ

となるのです。

 

ところで、4月1日生まれの方って会ったことあります??

 

私はないです。

ちなみに、母の誕生日は4月3日ですが、

本当は3月中に生まれてた、なんて話を聞いたことがあります。

今は病院で出産の出産が多いから誕生日をごまかすなんて出来なくなったけど、

お産婆さんで生まれていた昔は、誕生日を操作することができた、そうな。

 

確かに、4月1日生まれと4月2日生まれでは1年間分の成長も違うのに、同じ学年なんてかわいそう、という気持ちもわかる気がします。

 

この年になると、誕生日が遅い友人を羨ましく思うばかりですが、、、、笑。

 

 

わたしたちは皆様のお困りごとを解決する
福岡の司法書士事務所です。

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、債務整理、後見業務などに専門のスタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。
また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とも協力し合いながらワンストップで業務にあたっています。
事務所設立時の「誰かの支えになりたい」「目に映る困っている人の力になりたい」という想いは、今も変わらずわたしたちの強い原動力となっています。

一覧に戻る

ピックアップコンテンツPickup contents

当事務所が運営している専門サイトや
おすすめコンテンツをご紹介

暮らしに役立つ
法律メルマガ

https://mi-g.jp/mig/registration

福岡で不動産事業を
始めたい方へ

https://www.fukuoka-shihousyoshi.jp/estate

福岡
債務整理センター

http://www.福岡債務整理.net/

福岡自己破産
無料相談室

http://fukuoka-jikohasan.net/

福岡債務整理
無料相談室

http://fukuoka-saimuseiri.net/

福岡個人再生
無料相談室

http://fukuoka-kojinsaisei.net/

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、過払い請求・個人再生・自己破産・任意整理・時効援用などの債務整理、相続・遺言、成年後見、債権回収 交通事故などについての手続き全般を行っております。それぞれの業務に専門スタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とのネットワークを駆使し、ワンストップで対応。ふくおか司法書士法人を選んでご来所いただいたお客様に、満足して、笑顔で帰っていただくために、私たちはどんな苦労も惜しみません。

初回相談費用無料

債務整理の問合せ

全ての業務の問合せ