お知らせNews

裁判所に響く息子の泣き声

2015.07.27

今日は出廷のため裁判所へ行きました。

息子と、息子の子守のためのスタッフと一緒に。

 

最近の出廷はいつもそのスタイルでしたが、息子は大人しく待っていてくれました。

 

しかし、今日は違いました。

 

出廷時間が長引いたことが原因で息子が途中から泣き出してしましました。

 

スタッフが一生懸命あやしても、全く泣き止まなかったそうです、

すると、受付の男性の方や警備の女性の方、売店の女性、たくさんの方が協力してくれて。一緒になって息子をあやしてくれたそうです。

 

きっとこれも賛否両論。

「裁判所に小さい子供を連れてくるなんて非常識」

「子供が可哀そう」

 

当然な意見だと思います。

多くの方に迷惑をかけたことは本当に申し訳ないと思っています。

 

もう何年も前ですが

同じく自営業をしている母が社員に対し

「子供が可哀そうだと思うぐらいなら働かないほうがいい。

頑張って働いている母親の姿を見せるんだ、と子供に胸を張って働きなさい」

と言っていたのを思い出し、自分によく言い聞かせています。

 

そででも、、、渦中にいると難しいのが現実です。

働く母親はみんなそうだと思う。

保育園に預けても初めは泣くだろうし

子供と一日中一緒にいたい気持ちもあるし

何より子供が可哀そうなんじゃないか、という罪悪感もある。

 

子供がいるのに働く、ということは、

想像していたより、何十倍も大変なことでした。

裁判所に行くための出口付近に掲載してある看板。

この看板にいつも力をもらっています。

 

私は育児休業中の社員のため、そして、自分のために

子を持つ親が働ける場所を自分で作ろう!!

と思って、赤坂に支店を立ち上げ、仕事に復帰をしました。

だから、もう止まれない。

ここで迷ってはいられない。

 

そう言い聞かせ、泣く息子を走って迎えにいきました。 (やっぱり消えない罪悪感とともに)

わたしたちは皆様のお困りごとを解決する
福岡の司法書士事務所です。

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、債務整理、後見業務などに専門のスタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。
また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とも協力し合いながらワンストップで業務にあたっています。
事務所設立時の「誰かの支えになりたい」「目に映る困っている人の力になりたい」という想いは、今も変わらずわたしたちの強い原動力となっています。

一覧に戻る

ピックアップコンテンツPickup contents

当事務所が運営している専門サイトや
おすすめコンテンツをご紹介

相続・遺言
《無料相談》実施中!

https://www.fukuoka-shihousyoshi.jp/souzoku

暮らしに役立つ
法律メルマガ

https://mi-g.jp/mig/registration

福岡で不動産事業を
始めたい方へ

https://www.fukuoka-shihousyoshi.jp/estate

福岡自己破産
無料相談室

http://fukuoka-jikohasan.net/

福岡債務整理
無料相談室

http://fukuoka-saimuseiri.net/

福岡個人再生
無料相談室

http://fukuoka-kojinsaisei.net/

ふくおか司法書士法人では、不動産登記、商業登記、過払い請求・個人再生・自己破産・任意整理・時効援用などの債務整理、相続・遺言、成年後見、債権回収 交通事故などについての手続き全般を行っております。それぞれの業務に専門スタッフを配置し、依頼者のためにふくおか司法書士法人で対応しうる限りの支えになることを心がけております。また、より高い専門性を生み出すために弁護士、税理士、社会保険労務士等の他士業の先生方とのネットワークを駆使し、ワンストップで対応。ふくおか司法書士法人を選んでご来所いただいたお客様に、満足して、笑顔で帰っていただくために、私たちはどんな苦労も惜しみません。

初回相談費用無料

債務整理の問合せ

全ての業務の問合せ